Fintokeiのプロトレーダーになるには?必要なスキルや手順を解説!

トレードで利益を継続的にあげられており、トレーダーとして生計を立てられている人が一般的にプロトレーダーと呼ばれます。

個人トレーダーがプロトレーダーに挑戦する場を提供しているのが、プロップファーム「Fintokei」なのです。

この記事では、プロトレーダーに共通する特徴や年収から、Fintokeiのプロトレーダーになる方法に至るまで、以下の7つの項目で詳しく解説していきます。

  • プロトレーダーとは
  • プロトレーダーに共通する3つの特徴
  • プロトレーダーの年収は一体いくら?
  • Fintokeiでプロトレーダーを目指すメリット
  • Fintokeiでプロトレーダーになるためには?
  • Fintokeiでデモトレードへ取り組む3つのメリット
  • まとめ

Fintokeiでプロトレーダーを目指す

Fintokeiとは、個人トレーダーがプロトレーダーに挑戦する場を提供しているプロップファームです。

Fintokeiでは、デモ環境を使って仮想資金を運用していきます。Fintokei公認のプロトレーダーになれれば、デモ口座における取引利益額をもとに報酬がトレーダーへ支払われます。

初期の取引資金や価格が異なる豊富なプランがFintokeiでは用意されており、最低1万円台からプロトレーダーへの挑戦を始められるのです。

また、動画の学習コンテンツが用意されていたり、ブログでトレードの基礎知識が学べたりとトレーダーへの教育に力を入れている点もFintokeiの強みです。

無料トライアルも実施していますので、ぜひFintokeiにご参加ください。

Fintokeiについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

プロップファームFintokeiとは?おすすめする理由や始め方を紹介!

プロトレーダーとは

トレードで利益を継続的にあげられており、トレーダーとして生計を立てられている人を一般的にプロトレーダーと呼びます。

「専業トレーダー=プロトレーダー」とされることもありますが、必ずしも専業トレーダーだけがプロトレーダーであるわけではありません。

兼業トレーダーであっても、トレーダーとして生計を立てられるぐらい継続的に利益をあげられていればプロトレーダーであると言えるのです。

Fintokeiでは、利益目標や損失率に関する2ステップの評価プロセスをクリアできるぐらい、高いトレードスキルを持ったトレーダー(チャレンジプランの場合)がプロトレーダーとして認められています。

プロトレーダーに共通する3つの特徴

プロトレーダーに共通する特徴を3つ、以下にまとめました。

  • 高いレベルの相場分析力を身につけている
  • 安定して利益をあげられるトレード手法を確立している
  • 資金管理やメンタル管理能力にも長けている

高いレベルの相場分析力を身につけている

プロトレーダーは、相場をリアルタイムで正しく把握できる、高いレベルの相場分析力を身に付けています。

相場の分析方法には、大きくテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つがあります。

プロトレーダーは、2つの分析方法を組み合わせて、相場を小さな視点だけでなく、大きな視点でも素早く把握して、トレード戦略に反映しています。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

テクニカル分析とファンダメンタル分析どっちを使うべき?使い分け方を解説!

安定して利益をあげられるトレード手法を確立している

トレード手法を確立しているからこそ、プロトレーダーはトレードで利益を継続的にあげられているのです。

プロトレーダー達は自身にあったトレードスタイルを決め、自分なりのトレードルールを立て、それに乗っ取って淡々と取引を続けています。

また直近のトレードで負けが連続していたとしても、トレード手法の期待値を信じて取引を続けられる長期的な目線を持っている点も特徴です。

トレードルールについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

トレードルールこそがトレードで成功する秘訣|それでも守れない人が多い理由は?

資金管理やメンタル管理能力にも長けている

「トレードは資金管理だけで勝てる」といわれているほど、トレードを安定的に継続していくためには資金管理が重要です。

適切な資金管理ができているからこそ、プロトレーダーは長く相場で生き残り続けることができているのです。

また、相場は常に意図しない変動をする可能性を秘めています。

たとえ急変動が起こったとしても、自分のメンタルをコントロールして、冷静な判断を続けていくためのメンタル管理能力も持ち合わせています。

資金管理については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

手法よりも重要!トレードの資金管理方法を徹底解説!

プロトレーダーの年収は一体いくら?

プロトレーダーの年収は、トレードスキルや取引資金の量、トレード歴などによって異なります。

プロトレーダー達は、利益を継続的にあげられているので、トレード歴の経過に伴って取引資金が増え、年収もそれに伴って上がっていきます。

したがって同じプロトレーダーであっても、年収数百万円のトレーダーもいれば、長くトレーダーとして活躍している場合、1年で数千万円~数億円を稼ぐトレーダーもいるのです。

例えばFintokeiでは、2023年から2024年の年末年始にかけて、データ提供料の出金として過去最高の一人当たり約600万円という実績が誕生いたしました。

Fintokeiプロトレーダーによる、過去最高の出金額が誕生!

Fintokeiでプロトレーダーを目指すメリット

個人トレーダーがプロトレーダーに挑戦する場を提供しているのが、プロップファームであるFintokeiです。

Fintokeiでは、初期の取引資金や価格が異なるプランの中から、自身に合ったプランを購入することでプロトレーダーへの挑戦を始められます。

以下はFintokeiが提供しているプランの1つ「チャレンジプラン」の価格と初期の取引資金をまとめた表です。

項目クリスタルパールルビーサファイアトパーズエメラルド
取引の初期資金200万円500万円1,000万円2,000万円3,500万円5,000万円
価格2万1,800円3万6,800円6万9,800円9万9,800円17万3,800円23万9,800円
2024年6月9日時点

例えばサファイアの場合、9万9,800円でプランを購入すると、2,000万円の仮想資金の運用を始められるのです。

このようにFintokeiでは、プラン価格の数百倍の仮想資金で運用を始められます。

したがってプロトレーダーを目指したいものの、資金をそれほど多くは用意できないというトレーダーにとってFintokeiが最適なサービスなのです。

またFintokeiでは、動画の学習コンテンツやブログなど、トレードの基礎知識を身につけられる学びの場も用意されています。

したがってトレード初心者であっても、知識を学びつつ、資金効率の良いプランで実践をするといった使い方ができるのです。

Fintokeiの評判や口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

Fintokeiの評判・口コミを徹底調査|出金実績やプロトレーダーの数

Fintokeiでプロトレーダーになるためには?

Fintokeiの公認プロトレーダーになる方法について、順を追って見ていきましょう。

トレードに関する基礎知識を学ぶ

これからプロトレーダーを目指したいという初心者トレーダーは、まずトレードに関する基礎知識を学びましょう。

プロトレーダーになるために必要となる知識は幅広いのですが、主に以下の4つについては重点的に勉強してください。

  • テクニカル分析の基礎知識
  • 資金管理方法
  • 経済指標の見方やその影響
  • 取引ツールの使い方

Fintokeiでは、動画の学習コンテンツやブログなどで上記の内容を学べます。

トレード手法を確立する

学んだ基礎知識をもとに自分にあったトレード手法を確立しましょう。

プロトレーダーになるために限らず、トレードでは手法を一貫させ、期待値通りのトレードを続けていくことが重要になります。

したがって、学んだ知識をもとに「これは利益を狙える」と感じた方法をいくつかピックアップして、資金管理などと組み合わせつつ自分なりのトレード手法を確立します。

またトレード手法を確立することで、メンタルが安定しやすくなり、継続的に利益を積み上げるようになるという効果もあります。

トレード手法の作り方については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

トレード手法の作り方は?検証を行う上での注意点も徹底解説

Fintokeiのプランに挑戦する

トレード手法を確立できたら、実際にFintokeiのプランに挑戦してみましょう。

Fintokeiでは、チャレンジプランと速攻プロプランの2つが提供されています。

チャレンジプランとは、損失率や利益率について決められた2つの評価プロセスをクリアすることで公認のプロトレーダーになれるプランです。

チャレンジプランについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

Fintokei公認プロトレーダーになる方法は?Fintokeiの評価プロセスについて詳しく解説!

一方で、速攻プロプランとは、プランを購入したその日からFintokei公認のプロトレーダーになれるプランです。

速攻プロプランについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

Fintokeiの速攻プロプランを徹底解説|5つのプラン内容や取引条件とは?

ただし、速攻プロプランはチャレンジプランと比べて運用できる仮想資金の最大金額が少なく、獲得できる報酬の割合も少なくはなります。

トレード経験が豊富でいち早くプロトレーダーとして活躍したい方は「速攻プロプラン」、着実にプロトレーダーを目指したい方は「チャレンジプラン」を選ぶとよいでしょう。

トレード結果を振り返って改善する

Fintokeiのプランで行ったトレード結果は、1日に1度でもいいので定期的に振り返るようにしましょう。

そしてうまくいかなかったトレードがあれば、その原因を洗い出し、改善していく事が重要です。

MyFintokeiでは、取引履歴だけでなく証拠金の推移や利益率、損失率に関する情報がまとめられているので、ぜひ振り返る際の参考にしてください。

またオンライン学習コンテンツもMyFintokeiから確認できますので、足りない知識を新たに学びなおしてみる際に活用してみましょう。

MyFintokeiの使い方や見方については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

MyFintokei(マイフィントケイ)の使い方や見方を解説

まとめ

Fintokeiのプロトレーダーとなる方法についてプロトレーダーに共通する特徴から、実際にプロトレーダーを目指す方法に至るまで詳しく解説しました。

以下の条件に合う人は、Fintokeiでプロトレーダーを目指すのに向いています。

  • トレードについて基礎から実践に役立つ知識まで学びたい人
  • トレード資金を用意するのが難しい人
  • 資金管理能力を身に付けたい人
  • 継続してトレードで稼げるスキルを身に付けたい人

トレードについてしっかりと学び、長期的な視点を持ってコツコツと利益を積み上げることができれば、プロトレーダーとして着実に1歩進むことができます。

ぜひFintokeiを利用してプロトレーダーを目指してください。

最速でプロトレーダーへ!高額資金での取引をスタートしませんか?