【独占インタビュー】Fintokeiプロトレーダーからの声:FXをするずんだもんさん

今回は実際にFintokei(フィントケイ)のプロトレーダーとしてご活躍されている、FXをするずんだもんさん(https://prop-trade-fx.com/にサービスをご利用をいただいている感想や、ご自身のトレーディングについてお伺いさせていただきました。

プロップトレーディングに興味がある方にとって、後押しとなる回答をいただきましたのでぜひご覧ください。


ーご自身についてご紹介ください。

FXをするずんだもんなのだ!
普段はブログやX、半分趣味のYouTubeなどでFXの情報発信をしているのだ!


ーFintokeiのプロップトレーダーとなったきっかけは何ですか?また、プロトレーダーであることについてどう感じていますか?

2023年10月頃にFintokeiのデモトレード大会がX上で流行り出して、Fintokeiに本格的に興味を持ちました。
Fintokeiの存在自体は2023年3月に信頼性のあるAXIORY社とのパートナーシップを結んだというニュースで知っていたのですが、当時日本でプロップトレードはメジャーではなかったのでスルーしていました。デモトレードに参加してこんな魅力的なサービスがあるのかと感銘を受けた点と、X上でも100万円以上の出金報告が上がっていたのでプロップトレーダーに挑戦してみようと思いました。

一般的に僕たちトレーダーは社会的地位/社会貢献性も低い(とされている)ので、こういったプロップファームでのプロトレーダーという肩書きや誰かのためになっているというのはメンタル的にも良いなと感じました。もしいつか就職面接を受ける機会があったら、資格欄に記入しようと思います..


ー今までの取引経験や取引スタイルについて教えてください。また、これらがFintokeiチャレンジにどう活かされましたか?

Fintokeiが出てくる前は海外FX業者で主にハイレバトレードをしていました。取引スタイルは値幅/ダウ理論/エリオット波動/移動平均線/チャネル・水平線ラインを主に使って、最後は直感と相場運です..

Fintokeiでの取引はすべてデモ環境で行われ、現実に損失が発生することはなく取引できるので、通常のFX業者よりも最初の段階からリスクリワードが良いと考えています。ただ、プロトレーダー(プロと名乗る)以上はその肩書き通り、運要素も強いハイレバトレードではなくリスクコントロールをしっかりし、トレードスタイルを見つめ直そうかなとは考えています。


ーこれまでのFintokeiでのトレード体験はいかがでしたでしょうか?

たしかに海外FXだとゼロカットシステムで入金額以上のマイナスにはなることはありませんが、入金額が多いと1回のミスで損失が大きくなって取り返せなくなってしまうので、その点でFintokeiでのトレードはかなり優位性があると思っています。どんなに上手いトレーダーでもやはり人間なので損切りできないこともあり、典型的なコツコツドカンをやってしまう一方、Fintokeiでは強制的に1回あたりの損失が購入費のみに固定されているので非常にいいと思います。

あと何よりSTEP1とSTEP2の目標利益が少しゲーム性もあって楽しい&クリアした時に嬉しいですw


ーFintokeiでどれくらいの報酬を獲得されていますか?

約4,000ドル(60万円)の出金をしました。フィントケイのチャレンジプランでは初回出金時にお祝い金としてチャレンジ費用が返ってくるので、僕の場合は10万ドル口座の約7万円もプラスで返ってきました!

出金申請から翌日に着金したので、出金スピードも非常に早く安心して利用できます。次は100万円以上出金できるように頑張ります!


ーFintokeiチャレンジで最も面白いと感じた点と最も難しいと感じた点を教えてください。

最も面白いと感じた点は、トレーダーによってトレード手法や資金管理方法が全然違うことです!
通常のFX業者でトレードしていると証拠金なども違うのであまり意識する機会はないのですが、Fintokeiでは購入金額に応じた投資資金が一定でもらえる形で条件はみんな同じなので、よりトレードスタイルの違いがハッキリと分かります。例えば1日の最大損失5%をさらに10回に分けて1回あたりのトレードの最大損失を0.5%以内に収めるような徹底的な資金管理をしている人もいるので、参考(刺激)になります。

最も難しいと感じた点は、出金可能日までのトレードのやめ時(撤退ライン)です。FIntokeiでは2週間に1回出金申請することが出来るのですが、例えば10万円の利益が出ている時にもう少し利益を求めるのか/それとも一回出金できるまで待つかの判断が非常に難しいです。ここまで減ったらトレードをやめて大人しく出金可能日まで待つライン/ルールを決める立ち回りが正解だとは思いますが、頭では分かってても指が痺れて動かないことはあるあるですね..w


ーFintokeiチャレンジは、トレードスキルの向上に効果がありましたか?教育動画を見たり、ツールや経済指標のニュースをご利用されましたでしょうか?

Fintokeiでトレードをする前は全く損切りをしてなかった/出来なかったのですが、1日の最大損失5%ルールがある以上ある程度のロットを入れたら損切りが必須になってくるので、損切りの練習になりました!ずっと同じ環境でトレードしていると中々トレードスタイルを変えることは難しいと思うのですが、Fintokeiに挑戦することで自分のトレードを見つめ直す良いきっかけになると思います!

Fintokeiの教育動画は毎日Instagramでチェックしてます!インターネットだと自分で検索しないと情報を得られないのですが、そもそも何を検索して良いのか分からない人もいると思うので、新聞みたいに情報を受動的に/網羅的に入手できるFintokeiのデイリーニュースはオススメです!

FX界隈のSNSはXが主流で、他のFX業者だとInstagramのアカウントを作成しても全く更新がないことが多いのですが、Fintokeiは毎日しっかりストーリーズなど更新したり、大会情報や色々な投稿もしているので、インスタグラムを利用している方はフォロー推奨です。


ープロップファームでのトレードの利点は何だと思いますか?

①少額のプラン購入で多くの投資資金が運用可能になることと

②損失が限定&利益の80%〜がトレーダーに配分される点です。

もちろん少額トレーダーの人にもFintokeiは非常にオススメなのですが、それ以上に多額でトレードしている人に僕はFintokeiをオススメしたいです。
その理由として、試行回数が多ければ多いほど確率が収束して自分のトレードレベルに応じた結果が返ってくるからです。

あと投資資金が多いのでSNS映えするところも魅力です..w


ートレード中のリスク管理方法や、トレードの過程での損失や困難にどのように対処していますか?

あんまり考えたことはないのですが、とりあえず利益がでたらラッキーくらいの感覚で、最悪のケース(失格やロスカット)を想定してポジションを取ってます。

損切り/失格になったらふて寝します


ープロトレーダーとして成功するために、最も重要な資質は何だと思いますか?

謙虚さだと思います。

プロトレーダーになること自体はそこまで難しいとは思いませんが、14日間隔の出金申請可能日まで待つのが1番難しいと思っています。僕も経験があるのですが、X上でもプロトレーダーになれても欲張ってトレードしてしまって失格になってしまう人は結構います..

調子に乗らず謙虚になれるかがプロトレーダーとして成功するために最も重要な資質だと思います。


ープロトレーダーを目指すトレーダーに向けて、アドバイスをお願いします。

1回や2回受けて失格になって、プロトレーダーを諦めてしまうのはかなり勿体ないです!

フィントケイでは色々な価格帯のプランが用意されているので、無理して高いプランに挑戦するより、自分に合った価格帯のプランを何回も挑戦できるようなプラン選びも大切だと思います。僕も何回かプロトレーダーになるまでに失格になっているので、諦めずに頑張ってください!


FXをするずんだもんさん、貴重なプロトレーダーとしてのご意見をありがとうございました。

Fintokeiでは実際のトレーダーの皆さんから届いた声を、SNSやブログ、動画などでどんどん配信予定です。

お見逃しのないよう最新情報がGETできるSNSをフォローして、今後の更新をお楽しみに!

最速でプロトレーダーへ!高額資金での取引をスタートしませんか?